2回事故ってます(旧cakes連載記事)

車の運転免許を取得したのは、26歳の時でした。 高校卒業後、すぐに上京して仕事を始め、1年後には大学に行き、一人暮らしで仕事と学生を両立していた私は、教習所に通うタイミングを逃してしまったため、少し遅めの取得となりました。 今は(特に都心では)車の必要性が少なく、若者達(言い方!)は「車を持ちたい」と思う人が少なくなったように思いますが、私が10代20代だった時代「車を持つのはステイタス」でした。…

これはもう依存症です(旧cakes連載記事)

皆さん、「砂糖依存症」という言葉を知っていますか?「糖質依存」の方がわかりやすいかも知れません。 いわゆる「甘いもの中毒」のことです。 砂糖は「マイルドドラッグ」とも呼ばれ、薬物やアルコール並の中毒性・依存性があるそうです。 最初は食後のデザートくらいで満足できていたのに、これが依存症になると、四六時中甘いものを口にしていないと落ち着かない体になり、砂糖の摂取をやめた時には禁断症状を引き起こすよう…

道で声を掛けられること(旧cakes連載記事)

皆さん、道を歩いていて声を掛けられること、ありますよね。 一番多いのが広告入りのティッシュを配る人からでしょうか。 これに関しては、「大阪の人は受け取る確率がかなり高いけど、東京の人はほとんど受け取らない」というデータがあります。 単純に大阪の人は、 「え、ティッシュ使えるやん。なんで受け取らへんの?」 という持論があるのに対し、東京の人は、 「ティッシュについてくる広告がいらない。受け取るのがめ…

プライドと楽チンのせめぎ合い(旧cakes連載記事)

海外旅行の話をする時、自分の英語能力について、大まかに分けて「話せる」「話せない」「話せないけど大丈夫」の3種類に分かれます。(と、私は思っています。) この「話せないけど大丈夫」という人と海外に行くと結構楽しく過ごせたりします。 もちろん「話せる」人と一緒だと全てがスムーズに進んでこの上なく安心なのですが、自分は「お客さん」状態になってしまって、「英語で話す努力」を全くしなくなります。 「話せな…

洒落にならない方向音痴(旧cakes連載記事)

私は方向音痴です。 という女子は沢山いらっしゃるかも知れませんが、私の場合、「ヤバいレベル」です。 例えばスタジオなどでトイレの場所が少し離れていたりすると、元の仕事場に戻れなくなる事もしばしば。 特にテレビ局は、小さい楽屋が沢山並んでいて迷路のようです。 一緒にトイレまでついて来てくれたマネージャーさんが先に戻られていて、出てきたらいなくて、本気で迷って(このままでは収録に間に合わなくなるのでは…

10年パスポートが失効するくらい海外に行ってなかった(旧cakes連載記事)

息子が中学生になり、仲良しの後輩に 「そろそろ海外旅行とか行けるんちゃいますか?」(関西出身) と言われ、 「せやなあ。…行けたらええなあ。………あ、私パスポート切れてるんちゃうか?!」 と、不安になり、確認すると…切れてる〜!!マジかぁ。10年パスポートやったのに、いつの間に?!私そんなに海外行ってなかったんや…となりました。 そう言えばこのパスポートを見るのも何年ぶりやろか。 人生最初の海外旅…

お葬式って笑っちゃいけないけど(旧cakes連載記事)

先日、ちょっと遠い親戚のお葬式に参列してきました。 昔にしては珍しくうちの両親は共にひとりっ子のため親戚が少ないという事もあってか、冠婚葬祭が少ない家でした。 お葬式って、かなり非日常で、マナーを少しくらい間違ってもめでたいのでと笑って許される結婚式とは違い、ちょっとした間違いが「洒落にならない」雰囲気があるため、緊張度が高い気がします。 その反面、堪えれば堪えるほど変に笑いそうになってしまうタイ…