得なのか損なのか(旧cakes連載記事)

モノの値段について書きます。 関西の人(大阪だけかな)は、「ええもんを安く買う」事を結構重要視します。 「ええもんを高く買う」のは当たり前だから、それを自分の努力や工夫でいかに安く手に入れる事が出来るかを考えて、更にそれがうまくいったときにはそのことを堂々と自慢します。 「こんな良いものをこんなにお得に手に入れる事が出来た!」という事は自分の手柄なのです。 関東の人(東京だけかな)はどうでしょうか…

無表情バイト女子(旧cakes連載記事)

つい最近の出来事です。 友人と二人、タイ料理やさんにランチに行きました。 私は初めて行くお店でしたが、友人が人気店なのでと予約をしておいてくれました。 その日は秋の長雨・・・昼間でもコートがいるくらい寒かったのですが、予定の11時半少し前にお店に到着すると、すでに長蛇の列が出来ていました。 「凄いねー。みんなよく知ってるねー」 「予約しておいてくれてありがとう。雨の中、傘をさして外で待つのはキツい…

やりたい事とやれる事(旧cakes連載記事)

やりたい事と、やれる事は違う・・・ このことに気付くのが私はちょっと早かった様に思います。 恥ずかしながら、(なんで恥ずかしいか分からないけどなんか恥ずかしい)私は、中学、高校と、演劇部に所属しておりました。 そう、演劇に興味あり、でした。 高校1年生の時には、当時関西で人気だった「劇団☆新感線」のオーディションに合格、出演しました。 実はこの頃はまだ全く劇団の事は知らず、バトントワリング部の同級…

華麗に加齢(旧cakes連載記事)

最近は「歳をとる」ことを、「年齢を重ねる」などと言いますが、 どんなにオブラートに包んだ言い方をしても、それは誰にも止められない現象として、全人類が受け容れなければならない事実です。 私は幼い頃から視力がとても良く、両目2.0。 それは今でも健在で先日の人間ドックの際も同じ結果が出ました。 が、視力が良いと老眼が早いとはよく言ったもので、40歳を過ぎた辺りから、文庫本が読みづらくなり、はっきりいつ…

育犬ノイローゼ(旧cakes連載記事)

結婚して2 年が過ぎた頃、やっと新生活も落ち着いてきたからでしょうか、夫が「犬を飼いたい」と言い出しました。 「え!? 猫しか飼ったことないから、私飼い方わからへんわ」。 「大丈夫! 僕んちはずっと犬を飼ってたから。任せて!」 ほんまかなあ・・・任せてと言っても夫は忙しいんやから結局世話するんは私になるような・・・。 とりあえず、どんなものか見に行ってみようということで、当時住んでいたマンション近…

すまない、息子よ、、、。(旧cakes連載記事)

先日、家族三人で車に乗って出かけていた時の事です。 夫が運転し、私が助手席、息子(中1)は、後ろに座っていました。そのうち 「あ、洗剤ないわ」と私。 「え?」と夫。 「洗濯の洗剤。買わな」。 「え?めっちゃあったで」。 「いや、あれは全部柔軟剤」。 「えー、なんで柔軟剤ばっかりそんなにあるん?」 「柔軟剤は、色々香りとか、消臭とか、使い分けるからいっぱいあるねん」。 「それにしても10 本くらいあ…

他人の何気ないひと言から、受けるダメージと影響(旧cakes連載記事)

人から受けた言葉、、、たったひと言がずっと心に残ることがあります。笑えるものから、人生を左右する事になるものまで、様々です。 それは突然襲って来ます。まさに襲撃。 予期せぬ攻撃を受けた時、人は固まってしまう場合が多いのではないでしょうか。 今回はそんなエピソードをいくつか綴ってみたいと思います。 ある友人Mさんの話。 朝の通勤ラッシュで「女性専用車両」に乗っていると、そこへチンピラ風(Mさん曰く)…