ビクビクしすぎやねん!・・・わかるけど。(旧cakes連載記事)

とうとう緊急事態宣言のひと月の延長が決定しました。(ゴールデンウィークに書いています)

日々、コロナ絡みのマイナス情報が報道され、「ニュースを見てると気分が悪くなる人」が出てきているようで、ある番組ではアナウンサーが、「コロナ関連のニュースは40分までなのでご気分が悪くなる方はその時間以降に番組をご覧下さい。」と言っていました。

親切だけど、そう言われると私もそうなるような気がする・・・とテレビを消してしまいました。

みんなの不安度が上がっていくなか、よくこのエッセイにも登場する仲良しの後輩からLINEが・・・。

「発熱しました。」(体温計の写真と共に)

「えーーーーー!!!(というスタンプ)」と私。

速攻電話をしたら、

「やばいっす。これはもう完全にかかったと思います。」と、暗い声の後輩。

「マジで?!何度?どんな感じ?」

「熱はそんなに高くないんですけど、だるいんです。」

「うーわ!ヤバいヤバい・・・どうしよう!」焦る私。

今回はすぐに駆けつけることが出来ないタイプのやつなので、私もどうしてあげたら良いかわからず激しく動揺。

「夕方までは普通に仕事してたんですけど、夜になったら急にしんどくなってきて熱測ったらちょっと高いし。」

「わわわわ!そうか。明日は休み?」

「はい、明日明後日は休みですけど、しあさってからはまた行かなあかんのですよ。」関西出身、美容師の彼女。

美容院は、小池都知事と国の意見が合わず、まだ休業要請が出ていない時期でした。

「いやー、あかんやろ、それは・・・とりあえず様子見なあかんから、4日間は休めるように上の人に言い!」

「はい、もう伝えました。店ごと休むかも検討中なんで。」

「せやなぁ、もう休業でもええと思うけど・・・。」

「そうなんですよ。私はそう思うんですけど、うちの会社は要請出ないと閉めない方針みたいで。私は閉めて欲しいんですけど、そしたら、下の子たちが食べていけなくなるんで。」

出た!中間管理職の悩み・・・
ニュースのインタビューでよく聞くセリフがこんなに身近な人からも・・・。

「そうか・・・それはしゃあないから、今はとにかく体温測って食べれるものを食べて休みなさい。」

「はい。」

「また様子教えて。」

「はい。」段々声が小さくなる彼女との電話を切るのが辛かったです。

具体的に、どう動けば良いのかを考えたら更に怖くなりました。

彼女の住んでいる地区ではPCR検査を既に駐車場で行っている病院があるのは知っていましたが、噂では車で長蛇の列が出来ていると聞いたし、車のない彼女はタクシーで行くのかと考えたら、待ち時間が長くなると辛いだろうし、かと言って私が送迎することも今回は出来ないし・・・
とにかく今出来ることをと考えて、次の日、同じく心配している家族と共に、食料を玄関先に届けに行きました。

水分補給がしやすそうな栄養補助ドリンクとカットフルーツと、簡単に食べられそうなレンジ調理用冷凍食品などを一人暮らしのアパートの玄関に置き、ドア前でインターホンと同時に電話をかけて、

「来たよー。食べ物置いとくよー。」

「え!?わざわざ来てくれたんですか?」

「うん、暇やし。車で来たよー。」

「えーすんませーん!!ありがとうございます!」

「マスクでの営業とか消毒とか色々いつもと違う状況で働いてたから疲れが出ただけかも知れんし、とにかく今はゆっくりしときやー。」

「そうですねー。ほんますんません。」

「謝らんでええし!じゃあ下で車待ってくれてるから、もう行くねー。」

「え!パパも来てくれたんですか?!」

「うん、暇やから行くって運転してくれた。」

「いやー、それは申し訳ない。」

「ええねん、ええねん、暇やから。」

などと短く会話をして立ち去りました。

車に乗り込もうとした時、

「ようこさん!」

と遠くで声がした気がして振り向くと、彼女が2階の踊り場まで出てきて手で口を押さえながら頭を下げていました。

「えー!もう良いのにー!寝ときやー!」
と手を振っていると車の窓を開けてパパと息子も手を振り始めました。

遠いから大丈夫なのに手で口元を押さえて、声を出さないようにしている彼女を見て、泣きそうになりながら、出発しました。

なにこれ、切ない・・・。

一人暮らしの女性がもしも感染したらこんな感じになるんや・・・
私以上に彼女はこれから自分の症状が悪化したらと考えると不安で仕方ないのではないでしょうか・・・。

検査は無事に受けられるのか、2週間以上の隔離生活になるのか、今まで接触したお客さんやお店の人へどう伝えたら良いのか・・・もう横になっても眠られへんのんとちゃうかな・・・。

もしかしたら今後ひと月以上彼女には会えないかも・・・。

と、ここまで真面目に語ってきましたが、この話には「オチ」があります。

2日後、様子を聞くと状況は変わらず、微熱とダルさはあるけどその他の症状はないと。

それで、また電話してなんだかんだ話していると、

「キャンセルお願いしたお客さんから、生理前じゃない?って言われて。」

「ん?どういうこと?」

「生理前って微熱出るし、怠くなるからって。」

「で?」

「実は私・・・めちゃめちゃ生理前なんですよ。」

「え?」

「だからもしかしたらそれかもしれないんですよ。」

「えーーーーー!?」

「改めて聞くけど、熱って最高何度くらい出たん?」

「37度1分です。」

「えーーーーー!低っ!そんなんやったん?!私動揺して送ってくれた体温計の写真ちゃんと見てへんかったわ!」

「そうなんですよー。」

「だって、コロナの疑いで4日間様子見る人って37度5分以上じゃなかった?!」

「はい・・・私、生理前に熱上がるって知らんかったんですよ。」

「え、40年も生きてて?!高温期とかあるやん!私の知り合いの子は37度2分とか3分までいくって言ってたで!」

「え!?ほんまですか?!めっちゃ高いですやん!そんなん私やったら完全に病気やと思ってしまいますわ。」

「いやいやいやいや・・・マジでそれやったら、びっくりするわ!まあよかったけど。」

「いやーほんま、すんません。・・・多分それな気が・・・。」

「あのアパートと車の涙の別れは、なんやったん?!」

「いや、あの時は私部屋戻って泣きました。はっきり言って。」

「何を言うてんの!はっきり言ってとか言うてる場合か!」

「そうなんですよー。店にもめっちゃ迷惑かけてるんですよー。」

「ほんまやで!まあ、元気なんやったらええけど。」

「はい。食欲めっちゃあるし、元気なんですよー。」

「・・・。」

「もーどうしましょう、ようこさん!みんなにめっちゃ迷惑かけてもうた〜。」

「知らんわ!とりあえず明日までは寝とき!」

「はい。でももう体温測りすぎて体温計の電池無くなってさっき買いに言っちゃったんですよ。」

「あほなの?」

「そうなんですよー。」

「もーーーーー!とにかくもう家を出るな!」

と、電話を切りました。

まぁこう言うあほなところが可愛い後輩ではありますが、今回ばかりは私も呆れました。

ほんま、元気でよかったけど。

毎年、夏はあきる野の河原でBBQ

その後彼女は無事生理になり、だるさもおさまり、普通に職場復帰しましたが、都知事の「命を守るステイホーム週間」発言や、休業した美容院へ助成金が出ることが決まり、お店ごとお休みになりました。

ふーっと大きくため息が出た出来事でした。

責任感が強い故にこうなってしまったのかも知れませんが、ちょっとびびり過ぎだったようにも思えます。

でもわかる!

私も少人数の自分のヨガ教室を主催していますが、3月からクローズしました。

客商売、何かあってからでは遅いから、閉められる人は閉めた方がいいんです。

人騒がせでもなんでも、びびり過ぎが正解なのかな、今は。

コロナのニュースを見過ぎてコンビニにも行けなくなってる子供がいると聞きました。

息子は潔癖症ではないですがウォーキング中、どんなに人のいないところでも、家族しかいない車の中でもマスクをしているし、自販機で飲み物を買う時は私にボタンを押させて、取り出すのも私です。

え、ママはいいの?!

よくお茶もしてたけどカフェとかいつ行けるんかなぁ。